はじめに

私たちは未来指向の「ADVANCED MATERIAL」の創造を通じ、産業・社会の発展に貢献します

当社は酸化チタンの優れた特質にいち早く注目し、1932(昭和7)年に日本で最初にその研究に着手。国内初の「酸化チタンの工業化」に成功し、1937(昭和12)年より、現在の神戸工場にて酸化チタンの生産を開始いたしました。

現在、当社の酸化チタンはアクリル・ポリエステルなどの化学繊維の艶消し用途、樹脂用着色剤用途などに使用されており、化学繊維メーカーをはじめ、国内および海外で幅広く使用されています。

一方、当社はチタン酸バリウムをはじめとする「誘電体材料粉」も手掛けており、主に積層セラミックコンデンサ材料として国内外の大手電子部品メーカーに提供しています。この分野は、今や酸化チタンと並ぶ主力製品に成長しており、引き続き飛躍が期待できると位置付けています。

これからも、富士チタン工業は酸化チタン・チタン酸バリウムで培った独自の技術をベースに「粉体のスペシャリスト」として未来志向の「ADVANCED MATERIAL」の開発を推進。また、コンプライアンス経営の重要性が高まる中、当社は「コンプライアンスを大前提」に事業活動を展開し、産業・社会の発展に貢献し続けます。

取締役社長 川口 健


企業理念
基本理念
  • 独自の製品を柱に、社業を通して広く社会に貢献する。
  • 株主、顧客・取引先、地域社会および従業員を大切にする。
  • 遵法精神を重んじ、透明な経営を行う。
行動指針
  • 社会から信頼される事業活動を行うため、社会規範、会社のルールを守り、良識をもって行動する。
  • よりよい製品を提供するために品質管理の向上に努めるとともに、環境および安全・衛生の確保に万全を期す。
  • 業務の透明性を保ち、相互理解により、風通しのよい企業風土をつくる。
  • 自己啓発、人材育成、組織活性化および効率化を図り、高い目標へ挑戦する。

2018年4月1日
富士チタン工業株式会社

このページのトップへ