沿革

1932 (昭和7)年  杤木商事株式会社は、マレー産イルメナイトを大阪工業試験所に提出し、酸化チタンの製造研究を委嘱する
1936 (昭和11)年  株式会社杤木化学工業研究所を設立(当社創業)
1937 (昭和12)年  神戸工場開設、酸化チタンの本格操業始まる
1939 (昭和14)年  商号を杤木化学工業株式会社と改める
1953 (昭和28)年  旭化成工業株式会社(現 旭化成株式会社)が経営参加
大阪市東淀川区(現 大阪市淀川区)に大阪工場を新設し、チタニア(人工宝石)の製造を開始する
1954 (昭和29)年  大阪証券取引所市場第2部に上場
1956 (昭和31)年  神奈川県平塚市に平塚工場を新設し、ルチルカルシウムの製造を始める
1960 (昭和35)年  商号を富士チタン工業株式会社と改める
大阪工場でチタン酸バリウムの製造を開始する
1961 (昭和36)年  東京証券取引所市場第2部に上場
1966 (昭和41)年  石原産業株式会社が経営参加し、旭化成との共同経営となる
1967 (昭和42)年  大阪工場の全製造設備を平塚工場に移設し、大阪工場を閉鎖する
1972 (昭和47)年  平塚工場でチタン酸ストロンチウム(人工宝石)の生産を始める
1979 (昭和54)年  生産技術の改良、新製品の開発および技術力を集約するため神戸研究所を設立する
1980 (昭和55)年  流通合理化を図るため、富士工運株式会社(100%出資)を設立する
1983 (昭和58)年  人工宝石(チタニア・チタン酸ストロンチウム)の製造販売を中止する
1986 (昭和61)年  平塚工場で蓚酸法による高純度チタン酸バリウムを生産開始
1991 (平成3)年  薄膜(蒸着)材料の販売開始
1996 (平成8)年  企業理念を制定する
1998 (平成10)年  環境方針を制定する
1999 (平成11)年  神戸工場新研究棟完成
2000 (平成12)年  宮崎県日向市に日向工場を新設
2003 (平成15)年  コンプライアンス行動基準を制定する
2005 (平成17)年  株式交換により石原産業株式会社の100%子会社となる
2006 (平成18)年  創立70周年
2009 (平成21)年  大阪本社を大阪市西区へ移転する
このページのトップへ