はじめに

私たちは未来指向の「ADVANCED MATERIAL」の創造を通じ、産業・社会の発展に貢献します

 当社は酸化チタンの優れた特質にいち早く注目し、1932(昭和7)年に日本で最初にその研究に着手。国内初の「酸化チタンの工業化」に成功し、1937(昭和12)年より、現在の神戸工場にて酸化チタンの生産を開始いたしました。
 現在、当社の酸化チタンはアクリル・ポリエステルなどの化学繊維の艶消し用途、樹脂用着色剤用途などに使用されており、化学繊維メーカーをはじめ、国内および海外で幅広く使用されています。
 一方、当社はチタン酸バリウムをはじめとする「誘電体材料粉」も手掛けており、主に積層セラミックコンデンサ材料として国内外の大手電子部品メーカーに提供しています。この分野は、今や酸化チタンと並ぶ主力製品に成長しており、引き続き飛躍が期待できると位置付けています。
 これからも、富士チタン工業は酸化チタン・チタン酸バリウムで培った独自の技術をベースに「粉体のスペシャリスト」として未来志向の「ADVANCED MATERIAL」の開発を推進。また、コンプライアンス経営の重要性が高まる中、当社は「コンプライアンスを大前提」に事業活動を展開し、産業・社会の発展に貢献し続けます。
取締役社長 川口 健



当社の「企業理念」

(会社の存在意義)
1.独自の製品を柱に、社業を通して広く社会に貢献
   当社は「酸化チタン」と「電子材料」の二つの事業部門を主軸に世界を舞台に活躍しています。それぞれ特徴のある世界に通用する独自の製品を柱に、開発・生産・販売活動を通じてユーザー、株主、社員および社会に貢献することを目指しています。

(経営の基本姿勢)
2.革新と未来志向による開発、開拓、効率化の推進と環境・安全・品質に対する万全の配意対応
   当社は革新と未来指向の経営を目指し、全社一体となって、新商品・新技術の開発とともに、コストダウンと効率化を不断に追求し、限りなき発展と安定を目指しています。
 また、環境・安全・品質については、全社をあげて認識を広め、対応に万全を期しています。

(社員の行動指針)
3.自己啓発、指導育成、活性化と目標への挑戦
   社員は、人間的・職業的成長と創造性向上を目指してたゆまず自己啓発に励み、上司は常に部下の指導育成を心がけ、共に大いに議論し、目標に向かって粘り強く挑戦していきます。

このページのトップへ