コンプライアンス行動基準

「コンプライアンス」は「法令遵守」などと訳されていますが、当社では公共社会性や倫理的な観点も含めた広い意味の規範を遵守することと捉えています。
当社においては、極めて真面目な法令遵守の風土がありますが、油断をすると誘惑に負けて、結果として大きなリスクが顕在化する危険性が常に存在しています。この良き風土を醸成し、リスクの顕在化を防ぐため、日頃の行動に関する基準を定めて全員が常に心掛けることを目的として、「コンプライアンス行動基準」を制定しています。
私たちは、この行動基準を自分のものとして日常の活動に役立て、「誠実に仕事をする」企業文化を育てることを常に心掛けています。
項   目 行    動    基    準
環境保全、製品安全、
保安防災、労働安全衛生
環境保全、製品安全、保安防災、労働安全衛生は事業活動の基盤であり、最重要テーマとして取り組みます。大気汚染、水質、騒音、悪臭等を防止し、原材料使用量の削減、省エネルギーの推進、廃棄物の最小化と管理等に努めます。
社会との
コミュニケーション
常に社会と適正なコミュニケーションを図り、株主・投資家、取引先、地域社会等広範な関係先と健全な関係を保ちます。
公正で信用第一
とする行動
取引先とは共栄を旨とし、信用第一で取組みます。公正かつ自由な競争の重要性を認識し、独占禁止法や下請法等を遵守します。
企業情報の発信 正しい企業情報を適時・的確に発信します。
贈答・接待 公務員に対する贈賄や公務員の倫理規定に違反となる金品・サービスの提供をしません。
民間との関係でも、公序良俗に違反したり、社会通念・常識を逸脱するような金品・サービスの提供、受取りをしません。
知的財産権の尊重 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権等の知的財産権を守ると同時に、他者の知的財産権を尊重します。
情報資産の保護 会社に蓄積された貴重な情報を守ることに努め、機密を厳守します。
会社の情報システムを適切に活用し、業務の目的以外に使用しません。
反社会的勢力の排除 善良な市民生活や、正当・適法な企業活動等を破壊するような反社会的勢力は断固として排除します。
差別の根絶 業務遂行にあたり、関係者を年齢、人種、性別、宗教、国籍、肌の色、身体障害、出身、未婚・既婚、会社との雇用関係の形態等による差別を行いません。
人格の尊重 個人の人格と個性、プライバシーを尊重します。
ハラスメント等の禁止 セクハラ・パワハラ・マタハラ、その他いかなる差別的な言動、嫌がらせ等を行いません。
公正な経理処理 経理処理は、行為の事実に基づいて適正に行います。
インサイダー取引
の禁止
株式等の売買については、インサイダー取引として疑われるような行為をしません。
社内での虚礼廃止 社内での中元・歳暮などの贈答は行わず、健全な風土の醸成、維持に努めます。

(制定 2003年12月5日)
(改定 2009年12月21日)
(改定 2017年5月31日)

このページのトップへ