富士チタン工業株式会社

私たちは小さな粒で「大きな夢」をかなえています。
for English

研究開発

ホーム › 研究開発

化学繊維分野・電子材料分野・カード分野・薄膜分野と、創業以来、常に事業フィールドを広げながら、着実な歩みを続けてきた富士チタン工業―。その歴史は、まさしく研究開発の歴史と言えます。
当社は、神戸工場、日向工場に研究開発拠点を有しており、それぞれの事業地にて特徴ある研究開発に取り組んでいます。

研究開発の基本は「ユーザー視点」

当社の研究開発の原点は、国内で初めて工業化を実現した酸化チタンの製造技術と、その性能向上に向けてのあくなき取組にあります。
一方で酸化チタン・チタン酸バリウムの製造技術を新しい材料開発に繋げることは当社の永続的発展に不可欠です。
そのため、 当社は「ユーザー視点」を大事にし、研究開発に携わる社員の多くがユーザーを訪問し、 お客さまの声に応える体制を構築しています。

  • ICP質量 分析装置

    ICP質量 分析装置

  • Single Extruder

    Single Extruder

  • 透過型電子顕微鏡

    透過型電子顕微鏡

  • 薄膜材料実験装置

    薄膜材料実験装置

チタン酸バリウムの可能性を追求する

時代の最先端をゆくエレクトロニクス機器に使用される積層セラミックコンデンサは一層の小型化・高性能化が求められています。そうした中、高度で多様なユーザーニーズに応えながら、高い信頼性と低コストを実現する次世代チタン酸バリウムの開発を推進しています。ユーザーからのニーズ(均質組成、微粒高分散性、高結晶性等)に応えるべく、高度なテクノロジーでこれを実現しています。

  • X線回折分析装置

    X線回折分析装置

  • ICP分析装置

    ICP分析装置

  • 電子材料検査装置

    電子材料検査装置

酸化チタン、チタバリに続く第3の柱を育てる

当社の主力事業は、酸化チタンとチタン酸バリウムの製造・販売です。
しかしながら、取引のグローバル化が進んでおり、既存分野の競争はますます厳しくなってきています。
私たちは、これに対して「前向きな危機感」を共有し、既存事業に並ぶ第3の柱を育成すべく、営業・研究開発・生産部門の社員が一丸となって取り組んでいます。

技術力向上を支援する、さまざまな制度を準備

「技術力」を磨くことは、当社事業の永続的な発展に繋がります。そのため、当社は博士号取得のための援助(無利子貸付金制度)や特許発明者等に対する報奨金制度を設け、研究開発者のモチベーション向上に努めています。

pagetop