富士チタン工業株式会社

私たちは小さな粒で「大きな夢」をかなえています。
for English

会社案内

ホーム › 会社案内
GREETING
社長挨拶

代表取締役社長
野喜日出雄

酸化チタンの優れた特質は早くから注目されており、当社は1932(昭和7)年に日本で最初にその研究に着手。1935(昭和10)年に国内初の「酸化チタン製造の工業化」に成功し、1937(昭和12)年より現在の神戸工場にて酸化チタンの生産を開始いたしました。

現在、当社の酸化チタンはアクリル・ポリエステルなどの化学繊維の艶消し材用、マスターバッチ用等に使用されており、化学繊維メーカーをはじめ、国内および海外で幅広く使用されています。

一方、当社はチタン酸バリウムをはじめとする「電子部品向け誘電体材料粉」も手掛けております。これらは主に積層セラミックコンデンサの材料として国内外の手電子部品メーカーに提供しており、今や酸化チタンと並ぶ主力製品に成長しています。この分野は今後も更なる飛躍が期待できると位置付けています。

さらに私たちは、「粉体のスペシャリスト」として蓄積してきた数々のノウハウと技術を武器に未来指向の「ADVANCED MATERIAL」の開発を推進。酸化チタン・チタン酸バリウムとこれらに並ぶ新たな事業の構築を通じて、産業・社会の発展に貢献してまいります。

代表取締役社長
野喜日出雄

Fujiの存在意義

粉体のスペシャリストとして夢と笑顔のあふれる社会づくりに貢献する

Fujiのありたい姿

顧客とともに粉体の“可能性”を追求するグローバルニッチトップ企業を目指す

Fujiが目指すべき事業の方向性

酸化チタン:差別化できる製品ラインアップの充実
電子材料 :高速通信技術を支えるキーマテリアルの充実
新規開発品:顧客ニーズへの対応と安定供給に向けた生産技術の充実
pagetop